日本鳥学会

学会賞

日本鳥学会 黒田賞


2022年度日本鳥学会黒田賞選考報告

基金運営委員会

基金運営委員会で規定・運営指針に則して研究内容のオリジナリティ,鳥類学における重要性,将来性などについて検討,審査の上,受賞候補者を評議員会に推薦し,下記の通り決定された.

受賞者:安藤温子(国立研究開発法人国立環境研究所 生物多様性領域)

安藤温子氏は,遺伝子解析を駆使することで,島嶼に生息する鳥類の個体群構造や食性を調べ,その移動能力の進化的背景や生態系機能について明らかにしてきた.DNAメタバーコーディング技術の開発と鳥類研究への適用により鳥類学を技術的に牽引すると同時に,地道な野外調査にもとづき島嶼に生息する鳥類の基礎的な生態を数多く明らかにすることで,島嶼生態系の成立過程における鳥類の貢献について明らかにしてきた.遺伝学的な技術と島嶼生物学の視点を組み合わせたこれらの研究は,単に分析技術に依拠した研究にとどまらず,島嶼の鳥類の適応進化を主題とした島国日本の特長を活かした独自性の高い研究である.鳥学に関連する研究成果は合計22編の査読付き論文として国内外の学術誌に掲載されている.国内一般向けに研究成果を数多く解説しているほか,国際学会において3回の招待講演を含む合計19回の発表を行い,また国際共同研究も積極的に推進している.これまで学会事務局や英文誌編集委員,大会実行委員を務めるなど日本鳥学会にも様々な形で貢献してきた.安藤氏のこれらの業績が高く評価され,黒田賞受賞者として選定された.

なお,受賞内容は総説として日本鳥学会の学会誌に掲載予定である.


過去の受賞者一覧

2010年度 天野達也 (日本鳥学会誌 60巻2号, 2011)
2011年度 相馬雅代 (Ornithological Science 10巻2号, 2011)
2012年度 山浦悠一 (Ornithological Science 12巻2号, 2013)
2013年度 三上修 (日本鳥学会誌 68巻1号, 2019)
2014年度 (該当者無し)
2015年度 江田真毅 (日本鳥学会誌 68巻2号, 2019)
2016年度 風間健太郎(Ornithological Science 18巻2号, 2019)
2017年度 長谷川克 (Ornithological Science 17巻2号, 2018)
2018年度 鈴木俊貴
2019年度 吉川徹朗
2020年度 山本誉士
2021年度 片山直樹

日本鳥学会 中村司奨励賞


2022年度日本鳥学会中村司奨励賞選考報告

基金運営委員会

2022年度は本賞の応募がなかったため,該当者がなかった.


過去の受賞者一覧

2018年度 加藤貴大
2019年度 太田菜央
2020年度 西田有佑
2021年度 澤田明・夏川遼生

日本鳥学会 内田奨学賞


2022年度日本鳥学会内田奨学賞選考報告

基金運営委員会

基金運営委員会で規定・運営指針に則して検討,審査の上,受賞候補者を評議員会に推薦し,下記の通り決定された.

受賞者:藤岡健人(札幌市立札苗北中学校)

推薦根拠論文:

1. 藤岡健人・森本 元・三上 修 (2021) 北海道におけるカラス類の電柱への営巣:撤去にかかるコストの算出と営巣数の多い地域の環境要素の解析.日本鳥学会誌 70: 125–130.
2. 藤岡健人・森本 元・三上かつら・三上 修 (2021) カラス類は都市緑地から遠い電柱に営巣する傾向があるのか.日本鳥学会誌 70: 153–159.
3. 廣部博之・藤岡健人・三上 修 (2021) カラス2種の生息環境,利用空間の高さ,および行動個体数の違い.Bird Research 17: A21–A29.

 藤岡健人氏は、都市部で問題となっているカラス類と人間生活との軋轢解消を目的とした研究を行ってきた(根拠論文1, 2, 3).根拠論文1では電柱へのカラス類の営巣記録から営巣リスクの高い環境要素の抽出と撤去費用の推定を行い、北海道全体で撤去にかかる人件費は年間約4,000万円であるなど、具体的な数値を示した.また、根拠論文2では、都市緑地ではカラスの巣を撤去すると周辺の電柱への営巣リスクが高まる可能性があるため、巣を残すことが望ましい場合があることを示し、撤去方針への具体策を提言した.どちらも都市部におけるカラスと人との軋轢の把握と解決策の提案に貢献するものとして社会的意義も大きく、日本の鳥学が果たすべき社会的責任の一端を担う研究と言える.藤岡氏は中学校の理科教員として働くかたわら、今後も野外調査を続けていく意志を持っており、本賞の受賞は本人への強い励みになると考えられる.また、教員として生徒へ鳥類学を普及していくことにも大いに意欲的であり、今後の鳥類学の発展にも寄与すると考えられる.


過去の受賞者一覧

1999年以前は,日本鳥学会100周年記念特別号「日本鳥学会100年の歴史」120-122ページをご覧下さい.

奨学賞
2000年度 (該当者無し)
2001年度 遠藤菜緒子・清水義雄
2002年度 (該当者無し)
2003年度 小池重人
2004年度 小岩井彰
2005年度 吉田保晴
2006年度 (該当者無し)
2007年度 (該当者無し)
2008年度 堀江玲子
2009年度 (該当者無し)

内田奨学賞
2010年度 (該当者無し)
2011年度 (該当者無し)
2012年度 (該当者無し)
2013年度 渡辺朝一
2014年度 (該当者無し)
2015年度 (該当者無し)
2016年度 (該当者無し)
2017年度 (該当者無し)
2018年度 才木道雄
2019年度 (該当者無し)
2020年度 (該当者無し)
2021年度 (該当者無し)

助成

津戸基金によるシンポジウム開催の助成


津戸基金によるシンポジウムの報告(2022年度)

基金運営委員会

 基金運営委員会がシンポジウムの内容,条件等について審査を行ない,評議員会に推薦し,10万円の助成が決定された.シンポジウムの内容は以下の通りである.

名称:東アジアにおけるガン類の適正な保全と管理へ向けた国際シンポジウム

責任者:澤祐介

主催:東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップガンカモ類作業部会国内科学技術委員会,日本雁を保護する会,雁の里親友の会

日時・場所:2023年1月28日(土)・宮城県栗原市はさま会館(オンライン配信併用)

テーマ:国境をまたいで移動する渡り鳥を守るためには,その渡り経路を明らかにし,経路上の重要な生息地を,国際協力を通して保全する必要がある.日本雁を保護する会,雁の里親友の会では,1970年代からガン類の調査研究,保護に取り組み,マガン,ヒシクイの渡りルート解明や,シジュウカラガン,ハクガンなどの希少ガン類の復元に成果を上げてきた.近年,ガン類の発信器追跡が中国,韓国においても飛躍的に進み,東アジア全体でのガン類の渡りの理解が促進してきた.さらに,日本でも2017年より現在にかけて,ガン類5種(コクガン,マガン,カリガネ,シジュウカラガン,ハクガン)の追跡が行われている. 本シンポジウムでは,東アジア地域の渡り鳥を国際的に保全する枠組みである,東アジア・オーストラリア地域フライウェイ・パートナーシップ(EAAFP)のもと,設立されているガンカモ類作業部会の一活動として,中国,韓国,さらには米国のガンカモ類研究者を招聘し,東アジアにおけるガン類の渡りに関する知見を総括し,今後の保全,管理について議論を行う予定である.

講演予定者:Cao Lei(中国科学院生態研究中心),Hansoo Lee(KoEco),David Ward(アメリカ地質調査所),呉地正行(日本雁を保護する会),佐場野裕(日本雁を保護する会),池内俊雄(雁の里親友の会),嶋田哲郎(宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団),牛山克己(宮島沼水鳥湿地センター),澤祐介(山階鳥類研究所)


過去の助成一覧

1988年「カッコウと宿主の相互進化」(中村浩志)
1989年「セキレイ3種の社会構造の比較」(大迫義人)
1990年「ハシブトガラスの生息環境の違いによる生態の比較」(福田道夫)
1993年「鳥の学習と文化」(樋口広芳・中村浩志)
1994年「小笠原における最近の鳥類研究」(上田恵介)
1994年「ツルの現状と保護・研究への展望」(古賀公也)
1995年「北海道における希少鳥類研究の現状と鳥類生態学研究」(高木昌興・林英子)
1997年「アジア・太平洋地域における鳥類進化・生態学とDNA多型利用の可能性」(上田恵介・石田健)
2007年「世界と日本の水田における鳥類保全の課題」(藤岡正博)
2009年「オオヒシクイと人の共存を目指して」(布野隆之)
2017年「チュウヒサミット2017」(近藤義孝)
2019年「新技術をもちいた鳥類モニタリングと生態系管理」(嶋田哲郎)
2021年(応募無し)

・1998年までは毎年募集.1999~2006年は募集休止.2007年から隔年募集.

伊藤基金による国際鳥類学会議の参加補助


2022年度伊藤基金によるIOC参加補助金の申請募集報告

基金運営委員会

今年度は応募がなかったため、採択がなかった.


過去の助成者一覧

1990年 江崎保男,永田尚志,中村雅彦 (開催地:ニュージーランド,クライストチャーチ)
1994年 濱尾章二,堀田昌伸,成末雅恵,浦野栄一郎 (開催地:オーストリア,ウィーン)
1998年 山口恭弘 (開催地:南アフリカ,ダーバン)
2002年 遠藤菜緒子,水田 拓 (開催地:中国,北京)
2006年 齋藤武馬,染谷さやか (開催地:ドイツ,ハンブルグ)
2010年 松井 晋,森 さやか,森口紗千子 (開催地:ブラジル,カンポス・ド・ジョルダン)
2014年 長谷川 克,一方井祐子,石井絢子,風間健太郎,西田有佑 (開催地:日本,東京)
2018年 青木大輔,澤田 明 (開催地:カナダ,バンクーバー)
2022年 (応募無し)



↑ PAGE TOP